2014年5月20日火曜日

Joy Division--- カオスのコントロール




かつて、Joy Divisionというイギリスのバンドがあった。活動していたのは1976年から1980年。私はリアルタイムには聞いていないが、90年前後に彼らを知ってその世界にどっぷりと浸かってしまった。以来時々彼らが出した2枚のアルバムを折りに触れて聞いている。

「Joy Divisionの魅力は何か?」と聞かれると、困ってしまう。

このバンドは「暗い」と良く言われる。
確かに暗い。
しかし「暗い」のが最大の魅力なのだろうか?


違うだろう。

説明するのが難しいが、Joy Divisionの曲を聴くことは
たとえば
「なぜこの自分の手が、自分のものなのだろうか?」
「なぜ、私は私であってあなたではないのか?」
「なぜこれは、ここにあって、あっちには無いのか?」
「なぜここから向こうまで動いて行くのに時間がかかるのか?」
「なぜ壁の向こうのことはわからないのか?」

というような認識論的な疑問を抱かせる。

人間は、世界をありのままに認識することは出来ない。すでに認識のパターンが出来ていて、それによって現象をつくりだす。
これが、カントの「コペルニクス的転回」といわれる、認識論の元祖である。


それゆえに、もしこの認識のパターンがうまく働かない場合は、世界が壊れるような不安感を覚える。

そもそも、「生のままの世界」は、秩序も、分類も、原因と結果も成り立たないカオスである。
ヴォーカルと作詞を担当していたイアン・カーティスは、この認識のパターンが一部機能不全を起こしていて、その結果膨大なカオスが洪水にように心の機能に流れ込んでいるのだろう。
それは様々なビジョンを見せる。
そのビジョンは、不条理に満ちている。
イアン・カーティスの詞を見ると、そのことが良く分かる。


たとえばDisorderという曲の歌詞



ディスオーダー

案内人がやって来て
手を引いて導いてくれるのを待っていた
こういう衝撃が僕に
正常な人間の歓びを感じさせてくれるのか
新しい衝撃は無害なものだが
それはまたの機会にとっておこう
僕には精神があっても感情がない
ショックも感じない
Disorder
I've been waiting for a guide to come
and take me by the hand
Could these sensations make me feel
the pleasures of a normal man
New sensations bear the innocence -
leave them for another day
I've go the spirit, lose the feeling
take the shock away
出展
http://weare.hacca.jp/joydivision/pages/joy_main1.html?Joy%20Main=lyrics_substance.html


ここでは明らかに、認識と感覚の不整合を感じさせる。

認識のパターンが一部壊れた人は、詩人や文学者に多い。詩人の萩原朔太郎も典型的にそういう類の人だ。
イアン・カーティスの詞も一つの文学作品のようだ。


何よりもライブパフォーマンスの時のイアン・カーティスの目を見ると、尋常でない異様な印象を受ける。
いわゆるイッテしまっている目だ。

↓こちらをご覧ください。

FageOner
https://www.youtube.com/watch?v=zsHoOIHDutE

認識が壊れてしまうかも知れない恐怖。世界が吹き飛んでしまうかも知れない不安---それがJoy Divisionの曲の暗さの源流なのだろう。

そして、実はそれは快楽でもある。感覚が、決まったパターンから解放される快楽だ。Joy Divisionの曲は、恐怖と快楽の両方を同時に私たちに突きつける。

そして当然ながらこのカオスをコントロールすることは、膨大な心的エネルギーを必要とする。
イアン・カーティスは、バンドが多忙になるにつれて心身ともにボロボロになっていき、家庭の愛人問題もあいまって、自ら命を絶つことになる。
享年23歳。
夭折する天才は数多いが、かなり早いほうだ。




にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿