2010年12月31日金曜日

触感トレーニング11

もう少しストロークを大きくし。身体スケールを反映したいが・・・
紙に、米糊+食用竹炭


2010年12月26日日曜日

先住民の価値観に学べ

インディアン、アボリジニなど、世界の先住民について書いた本を何冊か読んでいる。
彼らと自然との関係について考えさせられる。
彼らにとって自然は圧倒的なので、彼らはその背後に霊的な力があると信じていた。
それらは精霊とか大いなる力とか呼ばれていた。




先住民の宗教は、キリスト教・仏教・イスラム教のような宗教とは違って創始者はいない。
神話と儀式、実際の生活にいたるまで一貫した生活思想である。
まさに、自然-身体-精神-社会をつなげる仕組みとして機能していた。

翻って現代、自然は遠くなった。
私達はどこか私達の知らない海でとれた魚、
知らないところで育った動物の肉、
計画的に栽培され、収穫された野菜を食べている。

しかし目を内側に向けてみよう。
私達は自然を持って運んでいる。
この肉体によって。
何十億年も前、我らの遠い遠い先祖が、海から陸に上がって
海の生存環境を肉体に閉じ込めて持って上がった。
そう考えるだけで畏敬の念を感じる。
自分がどこで何をしていようと関係ない。
私達は自然を持ち運んでいる。
エコロジー、CO2削減も大切だが、それは本質的なことではない。

我らは奇跡のような身体を持っており
私達の自我は、そこにほんの少し間借りしているわけだ。
中心が自我の方にあると、思い違えてしまうことがあるが
自然-身体の方がメインストリームである。
そこを外してしまうといろいろなトラブルが起こるだろう。

巷の世評では今の日本は閉塞しているという。
私に言わせれば60年代からずっと閉塞していた。
経済的に成長していない状況を指して、閉塞というのであれば笑止である。

私達は、もっと深くあるべきである。
経済発展ではなく、我々は「深化」すべきだ。
足元を見つめ、内部を見つめて、価値を自分のオリジンに定めるべきである。


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

2010年12月23日木曜日

触感トレーニング10

今日は赤ワインを入れた。
しかし色が薄くてだめです。



にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2010年12月20日月曜日

触感トレーニング9(米糊と竹炭を手で塗る)

3連発。
粘性、力の入れ具合、体調、集中力、全てがうまく良くと無心になって塗っている。


   


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2010年12月18日土曜日

触感トレーニング8

あらかじめ紙を水で湿らせておけば伸びが良い。




にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2010年12月13日月曜日

触感トレーニング7 (米糊を手で塗る)

一気呵成にやらねばならない。
全身で手を壁に押し付ける力が必要だ。
完成度を高めようとすると、幾多の修正が必要になるが
あまりそれはやりたくない。
最初から決定的な動きをする難しさ。



米糊+食用竹炭


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2010年12月12日日曜日

2010年12月6日月曜日

1月の個展案内



2011年1月に行なう個展の案内DMです。
1月24日、26日、29日に、壁に貼った紙に、米糊を手で塗る実演を行ないます。
身体感覚を視覚表現につなげる試みです。
場所は銀座 ギャラリー現 http://www.jpartmuseum.com/g_gen/

2010年12月5日日曜日

触感のトレーニング5

壁に向かって行なうのは、やりやすい。






にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2010年12月2日木曜日

触感のトレーング4

米糊のぬるぬるした触感---それは内臓感覚にも通じるが---を、視覚で表現できることが必要。